会社によって提供される注文住宅の違い

注文住宅というと匠と呼ばれる建築士がこだわりを持って一風変わったデザインで依頼者の使い勝手を考慮した家が建築できるというイメージを持つ人も少なくありません。
もちろんこうしたこだわりの住宅が建築できるのは間違いありませんが、どの建築会社でも注文住宅というとこうした住宅が建築できるというわけではないのです。



こうした住宅を提供している建築会社は数多くあります。設計事務所をはじめハウスメーカーや工務店など会社の規模も提供の仕方も異なるのです。


ですから広告などで注文住宅という言葉を目にしてよく知らずにその会社を訪れると思っていたのと違うということになりかねないのです。

新潟の家全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

テレビ番組などで見る匠による設計という場合その多くが設計事務所でデザインされたものです。

設計事務所で注文住宅を建築する場合には設計と施工が別会社になり家を建築する人は別々に契約をする必要があるのです。

設計費用は高くなる傾向にありますが、その分一軒一軒の聞き取りをしっかり行い建築基準法に基づいたうえで自由な発想で設計を行うことが出来るのです。

設計事務所以外にもハウスメーカーや工務店でも注文住宅を建築することが出来ます。



しかしハウスメーカーの場合は法律以外にも会社独自の制限がある場合もあります。柱と柱の間の距離が決まっていたり、使用する構造材料が決まっていることも多いのです。

反面、同じ会社で建築した住宅というのは品質が同じで安心できるというメリットもあります。
どの程度の住宅をイメージしているかをもとに住宅建築を行う際にはまずは会社の選定を行う必要があるのです。