プリザーブドフラワーを贈るメリットとデメリット

誕生日やプレゼントとして、プリザーブドフラワーを贈る人が増えてきています。
これは生花やドライフラワーを贈るよりもメリットがあるからです。


プリザーブドフラワーのメリットは、長期間花の美しさを保存することができる事です。



見た目は生花のようですが、1年~3年、正しく保管することができれば10年ほどはそのままの美しさを保てることができるので、結婚式のブーケをプリザーブドフラワーにして思い出として保管しておくこともできます。水をかえる手間もないため、手軽にインテリアとして飾っておくことができ長期間家を留守してしまう場合にでも気にする必要がありません。

プリザーブドフラワーの役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

花の水分を除去しているもののため、持ち運びの際にも軽く負担にならないので、プレゼントとして手渡すのに最適です。

マイナビニュースの情報が必ずあります。

デメリットとしては乾燥してしまっているため、花本来の香りを楽しむことは出来ません。

プリザーブドフラワー専用の香料や、手持ちのアロマを使って自分だけの香りをつけて楽しむことは出来ます。

紫外線に弱いため、直射日光が当たるところでは花が色あせてしまったり、湿気や乾燥しすぎにも弱いため、湿度30~50%を保たなければなりません。
インテリアとして飾りっぱなしになってしまう場合には埃をかぶってしまいやすくなるので、ケースに入れてプリザーブドフラワーに埃がかぶらないようにするようにしましょう。


これらの保管方法を守ることで、長期間美しい花を楽しむことができます。